斉木楠雄のψ難(映画)のネタバレあらすじと感想を簡単にわかりやすく!

邦画

麻生周一さんのSFコミック『斉木楠雄のΨ難』といえば、痛快な設定で、人気となっていますよね。

2017年には、実写映画化されましたので、その映画『斉木楠雄のΨ難』をご紹介していきたいと思います。

ストーリーがあまりにもドタバタ続きになっていた、本作。

どなたであっても笑えること間違いありませんから、ぜひ、期待していただきたいと思います。

主演は山﨑賢人さん、共演者は、ヒロイン役が橋本環奈さん、ほか、新井浩文さん、吉沢亮さん、賀来賢人さんなどという、超人気俳優陣にも注目ですよ。

スポンサーリンク

実写映画『斉木楠雄のΨ難』のネタバレあらすじ

あらすじ

斉木楠雄は、両親はいたって普通だったのに、超能力者として生を受けました。

しかし、そんな斉木楠雄は、毎日を憂鬱に過ごしていたのでした。

さて、彼の通うPK学園高校では、PK祭の開催が迫っています。

斉木楠雄のクラスの出し物は、ユニークな石の展示となります。

そんな斉木楠雄の周囲には、照橋心美、燃堂力、海藤瞬、窪谷須亜蓮など、変わり者ばかりがいました。

やがてPK祭の日がやって来て、マジシャンの蝶野雨緑によるショーなどを目にするものの、斉木楠雄にしてみれば、まったく不思議ではありません。

そんななか、燃堂力が斉木楠雄のメガネを取ったところ、石化してしまうという異常事態が発生。

実は、斉木楠雄は、そのメガネによって、自分の力をなんとか抑えていたからでした。

しかも、燃堂力だけにとどまらず、学校中の人々が石化してしまったのです。

斉木楠雄は、窪谷須亜蓮に借りたメガネで、自宅のスペアのメガネを手に入れ、解決を目指します。

しかし今度は、照橋心美によって、体育倉庫に閉じ込められ、しかも、重要な頭のアンテナを外されてしまいました。

そのせいで斉木楠雄と照橋心美は宇宙に行ってしまい、大ピンチに。

さいわい、斉木楠雄は、またしても事態を打開しますが、PK祭は台無しになってしまいます。

そこで斉木楠雄は、時間を逆戻りさせて、PK祭をやり直すことにするのでした。

ネタバレ

斉木楠雄

映画『斉木楠雄のΨ難』の主人公の斉木楠雄は、超能力者であるものの、いろんな意味で、ふつうの超能力者とは変わっています。

まず、超能力者だったら自信過剰なイメージがありますが、斉木楠雄は、いたってネガティブ。

自身の超能力に嫌気がさしていて、ふつうに生きることが夢なのでした。

にもかかわらず、斉木楠雄の周囲には変人ばかりがいて、彼は振り回されていくことに。

メガネや頭のアンテナで力を封印しているくらいの超人なのに、このギャップはおかしすぎますよね。

口癖がやれやれな無気力キャラも、見どころの1つとなっています。

照橋心美

斉木楠雄だけではなく、映画『斉木楠雄のΨ難』では、ヒロインの照橋心美からも目が離せません。

照橋心美は、PK学園高校きっての美少女で、彼女を見た男子はみんな、うっとりして「おっふ」と言うのでした。

が、斉木楠雄だけはそうはならず、照橋心美は、そんな彼に興味をもってまとわりつきます。

その結果、先述のトラブルに発展するのですね。

美少女なのに、ナルシストであり、斉木楠雄が自分に振り向かない理由を、自分に都合がいいように妄想していくなど、顔に似合わないおもしろキャラとなっています。

その他の愉快な仲間たち

が、映画『斉木楠雄のΨ難』では、この2人だけでは終わらず、まだまだ変人が出没し、盛り上がっていきます。

燃堂力は、顎が尻のようになった、何も考えていない男。

海藤瞬は、漆黒の翼というキャラクターになりきっている、中二病。

そして窪谷須亜蓮は、元ヤンと来ています。

PK際に登場したマジシャンの蝶野雨緑も独特でした。

いくらコメディとはいえ、ここまでキャラクターたちが濃い作品は、まずありません。

主人公抜きでもじゅうぶん楽しめるくらいの、娯楽大作ですね。

スポンサーリンク

感想

映画『斉木楠雄のΨ難』は、特定のジャンルにははまりきらないような、シュールとしかいいようのない作品でした。

斉木楠雄役が山﨑賢人さん、照橋心美役が橋本環奈さん、燃堂力役が新井浩文さん、海藤瞬役が吉沢亮さん、窪谷須亜蓮役が賀来賢人さん、蝶野雨緑役がムロツヨシさんと、キャストが、キャラクター同様に濃いのも特徴の1つ。

とにかく笑いたいという方には強く勧めたい映画です。

あなたもぜひ、斉木楠雄たちの風変わりな日常に溶け込んでみましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました