プラダを着た悪魔(映画)のネタバレあらすじと感想をわかりやすく解説!

洋画

今回は、2006年に公開されたデヴィッド・フランケル監督の映画『プラダを着た悪魔』をご紹介したいと思います。

本作は、ローレン・ワイズバーガーさんの小説が原作。

ファッション業界を舞台にしたドラマとなっていて、アメリカでも日本でも、それぞれおおいに話題になりました。

メリル・ストリープさん演じるミランダ・プリーストリーと、アン・ハサウェイさん演じるアンドレア・サックスの関係が注目となっています。

スポンサーリンク

映画『プラダを着た悪魔』のネタバレあらすじ

あらすじ

アンドレア・サックスは、ジャーナリストをめざしてニューヨークにやって来ました。

そして出版社から面接の知らせが来たため、さっそく来社することに。

が、その仕事はファッション雑誌『ランウェイ』の編集長のミランダ・プリーストリーのアシスタント。

アンドレア・サックスは、ファッションに無関心だったため、雑誌にも編集長にもなじみがありません。

が、ミランダ・プリーストリーは仕事の鬼で、歴代アシスタントはみんな消えていたのです。

ミランダ・プリーストリーは、結局、アンドレア・サックスを採用しました。

これ以降、なにかと苦労を強いられていく、アンドレア・サックス。

ミスもしでかしてしまうアンドレア・サックスでしたが、ミランダ・プリーストリーの側近のナイジェルのアドバイスで、別人のように華麗に変身。

仕事もうまくいき始め、ミランダ・プリーストリーからも一目置かれることに。

アンドレア・サックスを難題が襲いますが、彼女はこれも突破し、信望は高まっていきます。

やがて、アンドレア・サックスは、ミランダ・プリーストリーとともにパリコレへ行き、彼女の素顔を知って、ようやくリスペクトし始めました。

その後、アンドレア・サックスは、ミランダ・プリーストリーといろいろあったものの、彼女のおかげで新聞社へ就職できることになったのです。

ネタバレ

アンドレアの奮闘

映画『プラダを着た悪魔』では、アンドレア・サックスが、ミランダ・プリーストリーの厳しさによって、翻弄させられていくことに。

彼女が課された難題でも、もっともひどかったものは、なんと、4時間以内に未発売の『ハリー・ポッター』を入手しろというもの。

が、おどろくべきことに、アンドレア・サックスは、クリスチャン・トンプソンの協力で、これを乗り切ったのでした。

ミランダ・プリーストリーもいろんな意味で普通ではありませんが、彼女も非凡すぎですよね。

ミランダの素顔

アンドレア・サックスへの無理難題など、ミランダ・プリーストリーの横暴が極まった、映画『プラダを着た悪魔』。

ところが、パリコレにて、アンドレア・サックスは、そんなミランダ・プリーストリーの悲しい素顔を初めて知ることに。

ミランダ・プリーストリーは、前夫とのあいだに双子の娘がいたものの、今の夫と離婚しそうになっていたのです。

マスコミの好奇の目にさらされるであろう娘たちのことを想うミランダ・プリーストリーを見て、アンドレア・サックスもやっと彼女に心を動かされていくのでした。

ミランダとアンドレアのきずな

映画『プラダを着た悪魔』では、このように、ミランダ・プリーストリーとアンドレア・サックスのあいだに、数え切れないほどのドラマが展開されました。

さて、最終的に、ミランダ・プリーストリーは、アンドレア・サックスを高く買って、彼女のおかげで、アンドレア・サックスはジャーナリストへの道を進めることになります。

が、興味深いのはこの後のこと。

2人がたまたま路上で出くわすのですが、お互いそのことに気付いているのに、ミランダ・プリーストリーは、アンドレア・サックスを無視するのです。

とはいえ、彼女は顔に謎の微笑をまとっていたのでした。

スポンサーリンク

感想

映画『プラダを着た悪魔』は、ファッション業界という華麗な世界が舞台のドラマです。

しかし、ミランダ・プリーストリーの無茶に苦戦させられるアンドレア・サックスなど、過酷すぎる描写も続き、呆気にとられることもしばしば。

もっとも、ミランダ・プリーストリーに振り回されるのはアンドレア・サックスだけではなく、職場の人間関係の複雑さが魅力的です。

パリコレなど、見どころも少なくありませんので、今までファッションにくわしくなかった方も、ぜひ、視聴してみることをおすすめいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました