ニワトリスター(映画)のラスト結末は?ネタバレあらすじと感想も

邦画

2018年に公開された、かなた狼監督作品の映画『ニワトリ★スター』を取り上げていきたいと思います。

とあるアパートを舞台として、2人の男と、ヤクザ関係者によって展開されていく物語で、独特としかいいようのない内容になっていました。

しかもキャストは、井浦新さん、成田凌さん、紗羅マリーさん、阿部亮平さん、LiLiCoさんなどという、味のあるものです。

これなら、観ないわけにはいかないでしょう。

それではさっそく、あらすじをご確認ください。

スポンサーリンク

映画『ニワトリ★スター』のネタバレあらすじ

あらすじ

大阪からやってきた雨屋草太と、沖縄からやってきた星野楽人は、東京で知り合って、親しくなります。

星野楽人の頭はニワトリのように見えるため、雨屋草太は彼のことを「ニワトリスター」と呼ぶのでした。

そんな雨屋草太と星野楽人は自堕落で、いつもマリファナをやっています。

2人にマリファナを売っていたのは、JAYというラッパー。

そしてJAYにマリファナを売っていたのは、ヤクザの八田清でした。

そんなJAYは、八田清を利用して、好き勝手に振る舞っている男です。

さて、雨屋草太と星野楽人は、JAYを介して八田清と会うことに。

こうして、2人はおかしな方向へと向かってしまうのでした。

一方、星野楽人には、知花月海という子持ちの女性の知人がいましたが、彼女は薬に溺れていたのです。

ネタバレ

雨屋草太と星野楽人の決別

雨屋草太は、星野楽人が知花月海に暴力をふるっているのを目撃してしまいます。

が、あえて見てみぬふりをするのです。

さて、好き勝手やっていたJAYですが、とうとう八田清ににらまれ、死んでしまうのでした。

これによって、八田清の目は、雨屋草太と星野楽人に移っていくことに。

やがてすっかり星野楽人と関係が悪化した雨屋草太は、大阪に帰ると決めます。

こうして雨屋草太は、家業のお好み焼きで食っていき、星野楽人は知花月海親子とともに暮らすことに。

星野楽人も、いちおう、知花月海親子のことを考えていて、ちゃんと働こうとするものの、あいにく、そううまくはいきません。

そして、とてもまずいことに、八田清を頼ってしまう、星野楽人。

星野楽人の転落

星野楽人は、八田清の配下の川下とともに脱法ハーブを仕切ることになってしまいました。

星野楽人は、八田清から家まで融通してもらったため、脱法ハーブビジネスから抜けきれなくなってしまいます。

が、星野楽人はうまく仕事ができず、八田清は、川下を叱責していくのです。

そんななか、星野楽人は、雨屋草太に連絡を取り、自分はちゃんと働いているとウソを言いました。

2人はすっかり仲がよくなって、星野楽人は、雨屋草太に、誕生日にはプレゼントをすると約束までしたのです。

一方、星野楽人は、雨屋草太がうまくいっていることで、みずからがみじめに感じられることに。

やがて星野楽人は、プラネタリウムを雨屋草太にプレゼントすることに決めました。

星野楽人の悲劇

さて、ある日、星野楽人は、川下に呼ばれて、行ってみると、そこには、八田清や、その配下の爬部井学がおりました。

ところが、彼らには恐ろしい魂胆があったのです。

星野楽人が脱法ハーブのビジネスをさせられたのは、彼を陥れるためなのでした。

知花月海は、爬部井学に襲われていて、彼が子供の父親だったのです。

星野楽人は、知花月海親子ともども、殺されることになっていました。

ところが、ハプニングが起こりました。

星野楽人のアパートの住人の神の男が、八田清と爬部井学を殺してしまったのです。

これを契機に、星野楽人は、知花月海親子と沖縄へ行くことに。

やっとまともな生活に戻れた星野楽人は、知花月海親子とうまくいっていましたが、またしても不運が彼を襲います。

スポンサーリンク

ラストの結末

星野楽人は、いきなり病気になって、そのまま死んでしまったのでした。

そして雨屋草太のもとに知花月海親子が現れ、星野楽人のことが書かれたノートを手渡します。

星野楽人と知花月海は沖縄時代からの幼なじみで、星野楽人は知花月海に好意を持っていました。

その後、東京で再会した2人。

星野楽人は、知花月海を薬物から救うために力になってくれました。

もっとも、自分の寿命が長くないと気づいていたため、あえて入籍はしなかったのです。

これに心を打たれていく、雨屋草太。

その後、星野楽人は沖縄の海に散骨され、知花月海と彼との結婚式が挙げられることに。

そして月日は流れていき、知花月海の子供は、なんと、サッカー選手となるのでした。

スポンサーリンク

感想

以上が映画『ニワトリ★スター』のあらすじです。

一見、雨屋草太はハッピーエンド、星野楽人はバッドエンドに見えます。

が、星野楽人も、短いあいだながらも、知花月海たちといっしょに暮らせて、ハッピーだったと信じたいですね。

このように、ヤクザ映画とも、ヒューマンドラマとも、ラブストーリーともいえる、特定の枠にははまらないような内容だった、本作。

たとえ、どのような見方をしたとしても、楽しめるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました