メンインブラックインターナショナルの結末は?ネタバレあらすじと感想も

洋画

世界中で大人気となっている、映画『メン・イン・ブラック』シリーズ。

今回は、そのうち、第4作にして、初めてのスピンオフ作品でもある、映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』について、取り上げていきたいと思います。

これまでの作品とは主人公が別人となっただけに、どのようなストーリーになっているのか、とても興味深いところでしょう。

それでは、過去の3作が傑作だっただけに、今回も楽しみですので、さっそく、あらすじのほうをチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

映画『MIB4インターナショナル』のネタバレあらすじ

あらすじ

エージェントHとエージェントハイTは、エイリアンのハイヴから地球を救うことになります。

さて、それから20年前、エイリアンのタランシアンと鉢合わせになった少女のモリーは、MIBを志望し出しますが、叶わず、さえない日々を送ってきました。

が、モリーはエイリアンに会えると確信し、MIBの本部へ潜入することに。

エージェントOに理解が得られたモリーは、異例のことながら、MIBへの勤務が許されました。
こうしてモリーはエージェントMとなって、ロンドン支局へ。

そこで彼女を待っていたのは、ハイヴを倒したロンドン支局長のエージェントハイTでした。

その後、ヴァンガスという男を守るよう、エージェントハイTから指示され、怠惰になっていたエージェントHとともに動き出す、エージェントM。

が、エージェントHが怠けているうちに、ヴァンガスは双子のエイリアンに殺されてしまいます。

そして、死ぬ前の彼からMIBにスパイがいると告げられます。

エージェントハイTから殺し屋を倒すよう命じられ、双子のエイリアンを追っていく、エージェントHとエージェントM。

双子のエイリアンはその後、エージェントハイTによって倒されますが、実は、彼こそがスパイだったと判明。

彼をなんとか倒したエージェントHとエージェントMは、それぞれMIBで出世をはたすのでした。

ネタバレ

ポーニィ

映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』には、怖いエイリアンが多数出てきましたね。

でも、中には愛らしいエイリアンもいたのです。

それがポーニィです。

ポーニィは、モロッコでエージェントHとエージェントMと出会います。

そして、そこで起きた殺人事件の解決に貢献したのでした。

やがてエージェントMに従うようになったポーニィでしたが、微笑ましい展開も束の間、やがて、エージェントHとエージェントMは、MIBから追われる羽目になってしまうのでした。

エージェントHの元カノ

ポーニィとの挿話もさることながら、映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』には、まだ興味深いストーリーがありました。

それは、エージェントHの元カノをめぐるもの。

エージェントHの元カノはリザ・スタヴロスといって、現在では武器商人になっていました。

彼女に会うため、イタリアへと向かう、エージェントHとエージェントM。

が、リザ・スタヴロスは、エージェントMが昔出会ったタランシアンのボスだったのです。

数奇な再会となりましたが、タランシアンはリザ・スタヴロスを裏切って殺そうとするのですから、さらにおどろくべき流れでしょう。

エージェントハイTがスパイだった

ここまでいくつかエピソードを見てきましたが、最後はとにかくハードです。

ミステリーはいつも意外な人物が黒幕なものですが、映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』もまた、そうなのでした。

そう、まさかエージェントハイTがスパイだったとは、ショックな展開でしたよね。

なんでエージェントHとともにハイヴを倒した彼がスパイだったのか?

実は、おそるべきことに、エージェントハイTはハイヴに乗っ取られていて、そんな彼に、エージェントHは、ハイヴを倒したと思いこまされていたのですね。

なんともひどい真相でしたが、今度こそエージェントHはハイヴを倒せて、解決となったのでした。

スポンサーリンク

感想

映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は、アクションもさることながら、ミステリー色も強く、ストーリーはさらにおもしろみを増しましたね。

エージェントハイTの正体など、驚愕に次ぐ驚愕でした。

続編、とくにスピンオフ作品は、オリジナル作品に勝てないとも言われますが、本作はじゅうぶん独自色を発揮できたと思います。

これまでの映画『メン・イン・ブラック』シリーズファンには異色ともいえるでしょうが、未見の方は一度、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました