マチネの終わりに(映画)のネタバレあらすじとラスト結末!感想も

邦画

美しい恋愛映画です。

年齢を重ねた男女が、たった三回、時間を共にし互いを誰よりも愛したという、狂おしいほどに真摯な恋の物語を、石田ゆり子さんと福山雅治さんという円熟味を増した芝居を見せてくれる役者で表した、稀有な一本になりました。

原作は平野啓一郎さんの同名小説です。

それを「昼顔」シリーズや、近作「シャーロック」などのドラマで素晴らしい世界観を構築していた井上由美子さんが脚本化し、「ガリレオ」シリーズで福山さんと長くお仕事をした西谷弘監督が制作するという贅沢さでした。

2019年11月1日公開、翌2~3日の週末興行成績では、観客動員95,000人、興行収入は1億2900万円を達成し、初登場でランキング3位という好発進でした。

スポンサーリンク

映画『マチネの終わりに』のネタバレあらすじ

あらすじ

2013年、東京のコンサートホールで、小峰洋子(石田ゆり子)はクラシックギターのコンサートに訪れていました。

友人の是永慶子(板谷由夏)がプロデュースを務めた、世界的なギタリストの蒔野聡史(福山雅治)の演奏は素晴らしく…また、その後に紹介された彼とは意外な共通点があり、するりと互いの心が近づいたのです。

それは世界的な映画監督のイェルコ・ソリッチの古い映画「幸福の硬貨」のテーマ曲です。

蒔野が好きなその曲…

ソリッチは、洋子の母の再婚相手であり、数年間一緒に暮らした義父でした。

洋子には婚約者がいましたが。

蒔野は、彼女に好意を持ちました。

その夜の出来事が、未来の二人の人生を大きく変えてしまうことになるのです。

ネタバレ

パリのテロ事件

洋子はパリの通信社で働くジャーナリストです。

勤務していた通信社のオフィスが自爆テロの標的になり、彼女はギリギリ助かりましたが、寸前まで一緒にいた同僚が亡くなるという悲劇が起こりました。

ニュースを知り、心配した蒔野からの連絡にようやく答えた洋子は、しかし、窓の外の工事の音にも怯えるほど疲れていました。

仕事先のマドリードからパリを訪れた蒔野とデートをした洋子は明るく振舞っていましたが、そんな彼女に蒔野は言います。

「もし…洋子さんが地球の何処かで“死んだ”って聞いたら、僕も死ぬよ」

婚約者がいる、と告白した洋子でしたが、蒔野は彼女を諦められません。

そして三度目の逢瀬。

二人は東京での再会を約束しました。

嵐の東京で

洋子が東京に向かい、彼女を迎える準備を進めていた蒔野でしたが。

まさにその嵐の夜、彼の元に、師匠の祖父江が倒れたという報せが入りました。

脳出血で緊急手術になるということで、彼は急いで病院に向かいましたが、その時にタクシーにスマホを忘れてしまったのです。

蒔野のマネージャーの早苗は、一途に彼のことだけを想っていました。

そんな彼女がスマホを回収したことで、洋子とのやり取りの全てを知ってしまい、彼女は暴走します。

二人を別れさせる工作を施し、洋子を蒔野の世界から排除したのです。

そうとは知らない洋子は、彼が現れないことに違和感と、一人放り出されたことにショックを受け、失意のまま二人はすれ違っていくのでした。

4年後の二人

祖父江が亡くなり、彼の追悼のためのアルバムを企画した慶子は、その愛弟子であった蒔野にも声をかけました。

彼はもう長い間人前で演奏してこなかったのです。

復帰を決めた彼の隣には、妻として娘を産んだ早苗の姿がありました。

そして同じ頃、洋子はニューヨークで、夫のリチャードと一人息子とともに安定した暮らしをしていた筈でした。

しかし、夫は、洋子が蒔野を選ぼうとしていたことが許せず、夫婦の関係は破綻していたのです。

親権を撮ることも出来ず、洋子は離婚。

再びジャーナリストとして働き始めた彼女の前に現れたのは早苗でした。

早苗は、蒔野と洋子に、あの嵐の夜に二人の間を引き裂いたのは自分だ、と告白したのです。

スポンサーリンク

ラストの結末

蒔野はその事実を知って慟哭しました。

そして洋子もまた困惑します。

しかし“偽り”を隠したままでは、蒔野自身が前に進めない、と早苗は自分のしたことを話したのです。

そして、ニューヨークのコンサートに来て欲しい、と。

それが今の夫のために最善だと、早苗は知っていたのです。

長いブランクを経て復活した彼のコンサートの客席に、洋子は座っていました。

その姿をみつけた蒔野は「マチネの終わりに…大切なひとに、特別な曲をささげたい」と語りました。

それは“幸福の硬貨”…洋子の特別な思い出の曲です。

終演後、セントラルパークに向かった蒔野は、微笑む洋子と再会しました。

彼らは漸く互いを隔てるもののない世界に辿り着いたのです。

スポンサーリンク

感想

何ともドラマチックな物語の、透明な質感は、アナログの35㎜フィルムで撮影されたことによる味なのだとか。

デジタルとは異なる光や風合いが物語にマッチして、独特の世界観を構築していました。

若い男女の恋愛と違って、縛るもの、隔てるものが多い分だけ、純粋な情愛が浮かび上がっており…福山さんが「こうした長いスパンの物語の中では、幸福な時があれば、そうでない時もあり、そこに陰影のある日常と歳月が描かれているというようなことをおっしゃいました。

その思いは、観終わった時にずしりと伝わって心に残ります。

そして、素晴らしいギターの演奏!福山さん、特訓の末にクラシックギターの技法を修得したそうです。

役者さんとして、ミュージシャンとして、彼の魅力あふれる作品に仕上がっています。

さて、最後に。

この映画は、貴重なシーンを残しています。

ノートルダム大聖堂…火災によって損傷してしまった世界遺産の在りし日の姿が残された、最後の映画である可能性が高いそうです。

一見の価値あり、です。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました