ルパン三世(実写版)のネタバレあらすじと感想をわかりやすく解説!

邦画

泥棒アニメですっかりおなじみの存在である、『ルパン三世』。

が、ここでは、アニメではなく実写映画の『ルパン三世』をご紹介したいと思います。

2014年公開の作品ですね。

さすが実写とあって、さまざまな陰謀が渦巻いていく、大変興味深い内容となっていました。

おなじみのルパン三世一味も、銭形警部も大活躍しますし、敵もそうとうなスケールですから、楽しみですね。

それでは、映画『ルパン三世』のあらすじへと移りたいと思います。

スポンサーリンク

実写映画『ルパン三世』のネタバレあらすじ

あらすじ

シンガポールの美術館からオリンピックのメダルが盗まれます。

犯行に及んだのは、ルパン三世一味です。

しかし、銭形警部は、背景にトーマス・ドーソンという泥棒が控えているとにらみました。

はたして、トーマス・ドーソンは、自身の後継者の座をちらつかせ、ルパン三世一味を動かしていたのです。

が、マイケル・リーがトーマス・ドーソンを裏切って、光の首飾りを奪い、トーマス・ドーソンはマイケル・リーの配下に殺されました。

その後、ルパン三世は逮捕されますが、銭形警部から、マイケル・リーはモムラーチャオ・プラムックと組んでいると聞かされます。

モムラーチャオ・プラムックを捕まえたい銭形警部は、ルパン三世に協力を要請。

一方、ルパン三世一味は、マイケル・リーとタッグを組みました。

やがて、ルパン三世とマイケル・リーは、狙っていたクリムゾンハート・オブ・クレオパトラを手にしますが、モムラーチャオ・プラムックによって、絶体絶命の危機に立たされてしまいます。

結局、マイケル・リーの犠牲の末に命からがら助かった、ルパン三世。

一方、銭形警部は、モムラーチャオ・プラムックをとうとう捕まえますが、ルパン三世一味には、まんまと逃げられてしまうのでした。

ネタバレ

ルパン三世一味の慌ただしさ

映画『ルパン三世』でも、ルパン三世一味の動きは大変な見ものでした。

トーマス・ドーソンにそそのかされて、美術館からオリンピックのメダルを奪った、ルパン三世一味。

しかし、それからトーマス・ドーソンは、ボディーガードだった次元大介の奮闘もむなしく、マイケル・リーの配下に殺されます。

ルパン三世一味は、マイケル・リーを追うものの、実は彼は、モムラーチャオ・プラムックにだまされてトーマス・ドーソンを襲撃させられたと分かることに。

そこで、ルパン三世一味は、マイケル・リーとタッグを組んだというわけですが、本当に慌ただしい展開ですよね。

モムラーチャオ・プラムックの過激さ

映画『ルパン三世』の敵となったモムラーチャオ・プラムックは、アジアの有力な黒幕です。

劇中では、彼とルパン三世一味、そして、マイケル・リーの戦いが過激なものに。

ルパン三世とマイケル・リーは、クリムゾンハート・オブ・クレオパトラを盗むものの、モムラーチャオ・プラムックに保管庫に押し込められたうえ、空気を抜かれ、死にかけてしまいます。

マイケル・リーの爆死でルパン三世は脱出に成功するものの、今度はモムラーチャオ・プラムックに直接殺されかけることに。

銭形警部が現れてかろうじてルパン三世は救われましたが、ここまで激しい戦いになるとはおどろきですね。

振り回される銭形警部

『ルパン三世』といえば、ルパン三世に振り回される銭形警部も見どころの1つ。

しかし、それは、映画版でもまったく同じことでした。

終盤で、殺されかけていたルパン三世を救い、モムラーチャオ・プラムックを捕まえた、銭形警部。

このさい、ルパン三世から、彼が盗んだクリムゾンハート・オブ・クレオパトラも奪い取ります。

ところが、それはあいにく偽物で、ルパン三世一味には逃げられてしまうのでした。

いつもの展開とはいえ、命を救ってやっただけに、さすがに銭形警部が不憫でしたね。

スポンサーリンク

感想

いつものアニメももちろんいいですが、このように、『ルパン三世』は、映画版も捨てがたいものになっていました。

ルパン三世役は小栗旬さん、次元大介役は玉山鉄二さん、石川五ェ門役は綾野剛さん、峰不二子役は黒木メイサさんという、キャストのすごさも必見ですね。

もともとの『ルパン三世』ファンは当然のこととして、とくにそうではないという視聴者も、ぜひ、本作を観て、その世界観に没入してみてください。

あらたな『ルパン三世』の魅力を発見することができるはずですよ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました