ライオンキング(2019実写)の結末は?ネタバレあらすじと感想も

洋画

映画『ライオン・キング』といえば、ディズニーの不朽の名作として知られていますよね。

動物が主人公の作品としてはもっとも有名かと思われます。

オリジナルは1994年に公開され、その後、『ライオン・キングのティモンとプンバァ』、『ライオン・キング2 シンバズ・プライド』、『ライオン・キング3 ハクナ・マタタ』、『ライオン・ガード』、2019年版の『ライオン・キング』とシリーズが続いてきました。

さて、今回ご紹介しますのは、2019年に公開された最新ヴァージョンとなります。

それでは、2019年版の映画『ライオン・キング』のあらすじを見てまいりましょう。

スポンサーリンク

映画『ライオンキング』のネタバレあらすじ

あらすじ

将来、プライドランドのライオンの王になるシンバが誕生し、祝福されます。

一方、王のムファサの弟のスカーは、甥の誕生に不機嫌です。

成長したシンバは、メスのナラと、行ってはいけないと言われていたプライドランドの外へ出て危険な目に遭い、ムファサに救われることに。

さて、シンバ暗殺を狙うスカーは、準備を進めていきます。

そしてスカーから突き落とされて殺されてしまう、ムファサ。

シンバはプライドランドを追われ、スカーがあらたな王となってしまいました。

命からがら逃げたシンバは、イボイノシシのプンバァとミーアキャットのティモンといっしょになって、彼らとともに普通のライオンとして育っていきます。

その後、シンバはナラと再会し、プライドランドをスカーから救うことを彼女から求められますが、彼は拒絶しました。

が、心を改め、プライドランドを取りもどすことに決めた、シンバ。

プライドランドに帰還したシンバは、スカーに嫌がらせを受けた挙句、ムファサ殺しを打ち明けられ、激怒。

やがてプライドランドでは、ライオンたちによるスカーへの反逆が始まりました。

スカーはシンバとの戦いに敗れて、最期を遂げます。

シンバがあらたな王となったプライドランドでは、彼とナラの子供の誕生が祝福されるのでした。

ネタバレ

エネルギッシュなシンバ

映画『ライオン・キング』は、主人公のシンバの活力あふれる姿が見どころになりました。

まだ若くして、父のムファサを、こともあろうにスカーに殺されてしまう、シンバ。

いったんは、プンバァとティモンと平和に暮らすことを選び、ナラからのプライドランド奪還を断りました。

が、ナラが失望したこと、亡きムファサの霊に励まされたことで、帰還を決意。

ナラ、プンバァ、ティモンとプライドランドに向かったシンバは、今度は逆にスカーを突き落とし、父の敵を討ったのでした。

ナラの活躍

主人公のシンバももちろんですが、映画『ライオン・キング』といえば、ヒロインのナラもその活躍が必見といえるでしょう。

幼少期のプライドランドを出た彼女とシンバに、スカーの配下のハイエナが迫る危機が、手に汗握るものとなりました。

が、なんといっても、彼女からの要請がキッカケでシンバはプライドランドを取り戻すことになったのですから、その存在感は小さくありません。

ラストではシンバと結ばれましたが、シンバともども、彼女が平和なプライドランドを築いていくことに期待ですね。

極悪非道なスカー

映画『ライオン・キング』では、悪役のスカーも見逃せません。

シンバが生まれたときから、彼のことを、身が王を目指すうえでの障害だとみなしてきた、スカー。

ハイエナを手なずけてシンバを襲わせるなど、悪逆は続いていきました。

それだけに、最期にシンバに敗れたうえに、ハイエナたちに裏切られて襲われたのはスッキリしましたね。

スカーの討伐は、きっと、視聴者のだれもが納得のいくような、きわめて理想的なラストにつながったと思います。

スポンサーリンク

感想

映画『ライオン・キング』は、あまりにも有名な作品ですが、具体的な作品内容はご存知ないという方もいらっしゃることでしょう。

さて、ここまであらすじをご覧になってみて、いかがでしたか?

シンバの冒険譚としてのみではなく、ナラとのラブストーリー、ムファサとの親子の絆など、見どころは尽きないファンタジーです。

キャラクターこそ人間ではなく動物ですが、動物たちも人間に勝るとも劣らず、魅力的。

あなたもぜひ、めくるめくライオンたちの世界を旅してみてください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました