仮面病棟(映画)のラスト結末は?ネタバレあらすじと感想も

邦画

今回、取り上げて行く映画は、2020年3月6日に公開されたばかりの『仮面病棟』。

そのタイトルからして怪しそうな感じがしてしまいますが、ずばり、病院を舞台にしたミステリーなのでした。

原作は、知念実希人さんの同名小説。

キャストは、主演が坂口健太郎さんで、ほか、永野芽郁さん、内田理央さん、大谷亮平さん、髙嶋政伸さんなど、実に豪華なものになっています。

それでは、はたして、どのような内容だというのか、これから確認していくことにしましょう。

スポンサーリンク

映画『仮面病棟』のネタバレあらすじ

医師である速水秀悟は、田所病院というところで当直をすることになりました。

といっても、その勤務形態はアルバイトで、交通事故で失った彼女の菜緒の兄である小堺司から紹介されての仕事だったのです。

小堺司は、交通事故後、ふさぎ込んでいた速水秀悟のことを案じていたため、アルバイトを紹介してくれたのでした。

こうして、速水秀悟は、看護師の東野良子と佐々木香といっしょに、当直にあたっていくことに。

速水秀悟は、つい眠りかけてしまい、内線電話がかかってきたことで我に返りました。

その後、速水秀悟は信じられないような光景を目にします。

田所病院の1階に、川崎瞳という負傷した女性、そして、なんと、拳銃を持ったピエロがいたのでした。

悪夢の始まり

ピエロはコンビニ強盗犯で、川崎瞳はたまたま現場で遭遇してしまい、銃撃されていました。

川崎瞳はなんとか田所病院に逃げてきて、ピエロもやって来たというわけです。

その後、ピエロは田所病院を占拠してしまいました。

そしてピエロは、速水秀悟に向かって、負傷した川崎瞳ヘの処置を強制するのです。

速水秀悟はなんとか、川崎瞳の手術を終えることができました。

一方、院長の田所三郎は、ピエロを制圧しようとするものの、あえなく失敗。

こうして、速水秀悟らスタッフ、そして患者たちは、ピエロによって閉じ込められてしまったのです。

やがて東野良子が何者かに刺され、速水秀悟と川崎瞳は、隠蔽体質の田所病院を疑い、独自に調査を開始するのでした。

田所病院の秘密

速水秀悟と川崎瞳は手術室で隠し扉を見つけました。

隠し扉の奥にあったエレベーターで上階に上がっていくと、そこの部屋にまたしても隠し扉が出てきます。

隠し扉のなかには、誰なのか分からない男性がいて、速水秀悟は、男性が田所三郎によって、違法な臓器移植をされたことを知るのでした。

これに対して田所三郎は、姑息なことに、速水秀悟とピエロに向かって、お金を持ち出しての口止め工作を進めていきます。

そんなこんなで立て込んでいるなか、田所病院に、さわぎを知った警察が到着します。

田所三郎と佐々木香は、ピエロによって、食料を取りに行くのを許されました。

が、そんな2人は、例の臓器移植の証拠隠滅をはかって、みんなにバレてしまうのです。

事件の真相は?

やがて田所病院に警察が踏み込んできました。

臓器移植の証拠をつかもうとした速水秀悟でしたが、スタンガンによって襲撃されてしまいます。

夜が明けてから、速水秀悟はなんとか警察によって救われました。

そして警察から、田所三郎、佐々木香、ピエロがみんな死んだと聞かされることになります。

なんと、ピエロの正体は宮田という理学療法士なのでした。

一方、ピエロの被害者である川崎瞳は本当に存在した人物なのか、という疑念が湧いてくるのです。

速水秀悟は推理の結果、川崎瞳の正体は、田所病院で臓器提出をされた患者だったのではないか、と考えていくのでした。

速水秀悟は、実は、小堺司も臓器移植に関わっていたのではないかとにらんで、さっそく、会いに行くことにします。

スポンサーリンク

ラストの結末

速水秀悟は、小堺司がすでに川崎瞳に殺されてしまっていたことを知ります。

川崎瞳の話によれば、彼女は姉といっしょに事故に遭ってしまい、その後、姉が田所病院によって臓器を摘出されて、亡くなってしまったとのこと。

そして川崎瞳は、田所病院に患者として潜伏しつつ、宮田をそんな姉の復讐計画に巻き込んで、今回の田所病院を占拠するという事件に及んだのです。

川崎瞳は、姉の臓器によって助かった元首相の国平義央を殺すため、彼のもとへと向かいます。

しかし、速水秀悟が一連の田所病院の闇を世間に暴いたうえに、テレビを通して、川崎瞳にこれ以上の復讐をしないよう求めたことによって、彼女はとうとう、国平義央の暗殺を断念することに決めたのでした。

スポンサーリンク

感想

映画『仮面病棟』は、病院が舞台という設定も手伝って、実に恐ろしいストーリーでしたね。

しかし、なんといいましても、被害者だったはずの川崎瞳が首謀者だったというそうとうな意外性、そして、田所病院のあまりにも救いようのない実態に、それぞれ驚愕させられます。

占拠事件ではなく、本当の怖さがその奥にあったということが、この作品の醍醐味ではないでしょうか。

坂口健太郎さんや永野芽郁さんの迫真の演技も味わいながら、異様ながらもうならされるストーリーに浸ってみましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました