カイジファイナルゲームのネタバレあらすじと感想!ラスト結末もわかりやすく解説

未分類

ギャンブルネタに定評がある福本伸行さんのコミックでも、その代表作といえる、『賭博黙示録カイジ』。

その映画版の完結編である『カイジ ファイナルゲーム』が、2020年1月10日、公開されました。

藤原竜也さんが底辺のギャンブラーを演じて、自身の俳優キャリアの集大成となった、名作シリーズの有終の美を飾る、本作。

絶対に見逃がしたくありませんが、どのような内容だったのでしょうか。

これからあらすじを取り上げていきますので、最後までご確認ください。

スポンサーリンク

映画『カイジ ファイナルゲーム』ネタバレあらすじ

あらすじ

伊藤開司は、帝愛グループの黒崎義裕の支配する派遣会社で底辺の生活を送っていました。

そんななか、またしても彼の目の前に大槻太郎が現れ、ギャンブルに誘います。

それは、バベルの塔というゲームで、ビルの屋上の棒に取り付けられたキャッシュカードをみんなで奪いあうというもの。

苦戦の末、何とかゲットできた、伊藤開司。

その後、東郷滋と会った伊藤開司は、桐野加奈子という美少女と出会います。

さて、実は、政府では、大臣の高倉浩介らが、負債をなくすため、新円の発行と預金封鎖を画策していました。

これを受け、伊藤開司は、東郷滋にもうけさせて、賄賂によって政府を抑えさせるために、桐野加奈子とともに、あらたなゲームに挑むことにするのです。

ネタバレ

最後の審判

東郷滋との関係清算のため、彼に元愛人から渡されたという名画を探しに行くことになった、伊藤開司。

ところが、そんな伊藤開司は、バベルの塔に参加していた者たちによって、拉致されてしまう羽目に。

大ピンチに陥った伊藤開司でしたが、なんとか彼らと協力する運びとなりました。

さて、あらたなゲームとして、最後の審判が実施されることになります。

これは、人間秤なるものによって、たがいの賭け金の重さを争っていくという内容でした。

Friend、Fixer、Family、Fanというキーワードによって、バトルを展開させていく、東郷滋と黒崎義裕。

しかし、あいにく、黒崎義裕のほうが東郷滋よりも一枚上手だったため、東郷滋は苦戦させられることになってしまうのです。

東郷滋と黒崎義裕の勝負の行方

一方、伊藤開司は、ドリームジャンプに挑戦しようとします。

いっせいに飛び降りた参加者たちのうち、1人だけが助かり、残りはみんな死ぬという、信じられないような内容のゲームでした。

伊藤開司は、策略によって死にかけますが、桐野加奈子の機知によって、危ういところで、かろうじて命を救われることに。

そんななか、東郷滋は、Fanにおいて、黒崎義裕への勝利をつかみ取ったのです。

彼がかつて愛人からもらった名画のおかげでした。

が、東郷滋が黒崎義裕に勝つことができたのは、実は、名画そのものではなく、たった1枚のコインのおかげだったのです。

そして、東郷滋の秘書でありながら、黒崎義裕に加担していた廣瀬湊は、その後、態度を改めるようになりました。

伊藤開司 VS 高倉浩介

とうとう高倉浩介が狙う預金封鎖は大詰めを迎えていました。

が、新円をかかえて移動する政府のみんなは、その動きを止められてしまいます。

やがて、伊藤開司と高倉浩介の直接対決が勃発。

2人は、ゴールドじゃんけんというゲームに挑みます。

これは、1回は金塊を握って、3回じゃんけんし、勝ったら相手の金塊を奪えるというもの。

伊藤開司は結局、このゴールドじゃんけんにおいて、高倉浩介に負けてしまいます。

ところが、焦点だった、政府の預金封鎖は、さいわい、未然に防がれることになったのでした。

政府が企てていたことは、すべて映像によって筒抜けにされていたのです。

伊藤開司は、高倉浩介に向かって、考えを改めるよう、説得していくのでした。

スポンサーリンク

ラストの結末

こうして、当初の目論見通り、政府の預金封鎖を阻止することに成功した、伊藤開司や桐野加奈子ら一行。

すべてが終わって、東郷滋は残念ながら亡くなってしまったものの、伊藤開司らは、それぞれの分け前をゲットして、帰路に就くことに。

ところが、ここで、とんでもないどんでん返しが起こってしまいます。

伊藤開司は、せっかく手に入れたはずの大金を、こともあろうに、桐野加奈子と、彼女をサポートしていた遠藤凛子に奪われてしまっていたのでした。

そうとは気付かないまま、いつものように、大好物のビールをうまそうに飲む、伊藤開司。

後になって、現金がないことに気づいた伊藤開司でしたが、もちろん、すべては後の祭りだったというわけです。

スポンサーリンク

感想

さすが、完結編だけあって、映画『カイジ ファイナルゲーム』は最初から最後まで大迫力。

東郷滋と黒崎義裕の戦い、伊藤開司のドリームジャンプからの生還劇、伊藤開司と高倉浩介の戦いと、まったく油断のならない展開の連続でした。

とはいえ、伊藤開司がラストで、桐野加奈子と遠藤凛子に大金を奪われてしまったのが、ある意味、もっとも衝撃的ですけどね。

桐野加奈子は、最初から何かありそうな気がしなくもなかったですが。

とにかく、過去の2部作に勝るとも劣らない本作を、絶対にお見逃しなく。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました