ジョジョ・ラビット(映画)のネタバレあらすじと感想!ラスト結末も

「ジョジョ・ラビット」はナチス統治下のドイツで暮らす10歳の少年の成長を茶目っ気たっぷりに描いた作品です。

まず目を引くのは大胆過ぎる設定。

気弱な少年が妄想の中でヒトラーと親友になるなんて!

2019年に公開されると話題沸騰、愛くるしい主人公ジョジョと妄想ヒトラーを含めた彼を取り巻く人々との笑いあり涙ありのストーリーに絶賛の声が続々。

アカデミー賞には作品賞を始め6部門にノミネートされました。

監督はマイティ・ソーシリーズで知られるタイカ・ワイティティ。

主役は子どもたちですが、脇にスカーレット・ヨハンソンとサム・ロックウェルを配して抜かりなし。

脚本、監督、役者と三拍子揃った作品です。

映画『ジョジョ・ラビット』のネタバレあらすじ

あらすじ

気弱で甘えん坊の少年ジョジョ、彼はナチスを信奉しヒトラーを崇拝する軍国少年でもありました。

ヒトラーユーゲントのキャンプに参加して立派なナチ党員となることを目指しますが、優しすぎる彼は訓練でウサギすら殺せず「ジョジョラビット」というあだ名をつけられたちまちいじめのターゲットに。

落ち込む彼を励ますのは大親友のヒトラー総統閣下。

父を戦争で失い孤独な少年だった彼はイマジナリーフレンドとしてヒトラーと交流を深めてきたのです。

キャンプで大きなけがをしたジョジョは、大好きな母ロージーの愛を一身に受け元気を取り戻していきます。

キャンプで知り合ったクレンツェンドルフ大尉からも目をかけてもらい、ますます軍国主義に傾倒するジョジョ。

ところが、彼の家にはユダヤ人の美しい少女エルサが匿われていたことが発覚。

次第にジョジョはナチズムとエルサへの感情との間で揺らいでいくことに。

ネタバレ

孤独な少年の大親友はヒトラー

ジョジョラビットは少年の視点からナチス政権と戦争を描いていきます。

そして、これまでの戦争映画と全く異なる点はジョジョの妄想したヒトラーという存在です。

不謹慎と言われてしまうかもしれませんが、作中のヒトラーに対して「かわいい」という感想を抱いてしまいました。

ヒトラーに関するコメディでは「帰ってきたヒトラー」という傑作がありますが、あちらのヒトラーが狡猾だったのに対しこちらはジョジョの妄想なので本物よりも幼稚でおっちょこちょい。

ジョジョが苦難に直面すると彼を励ましたりアドバイスを与えたりするために登場しますが、しょせん妄想なので全く役に立ちません(笑)

歴史上のヒトラーを知るだけに、史上最も頼りなく描かれたヒトラーとジョジョのやり取りに思わず笑みがこぼれます。

全く新しいタイプのヒトラー映画、戦争映画が誕生しました。

ユダヤ人少女への初恋

ジョジョの母ロージーは実は隠れた反戦主義者であり、姉の友人で会ったユダヤ人少女エルサを匿っていました。

母不在の際にエルサを発見したジョジョは家から追い出そうとしますが、年上のエルサに完璧にやり込められてしまいます。

例のごとく現れたヒトラーとの作戦会議、ここでのヒトラーのずれっぷりは注目ですね。

かなわないと悟ったジョジョは、エルサの排除を諦めてとりあえず彼女からユダヤ人の生活を聞き出すことにしました。

当初お互い反発しあっていた両者ですが、ともに大切な家族を失ったもの同士。

二人だけの対話の時間は傷を癒すかけがえのないものになっていきます。

とはいえ、敵対する宿命にある二人には以前越えられない壁が。

この時の二人の距離感絶妙です。

思春期時代の恋愛一歩手前の甘酸っぱい感覚。

エルサへの思いに素直になれないジョジョ。

主演のローマンくん最高の演技、いい子役見つけてきましたね。

最愛の母ロージーとの別れ

ロージー不在の際にナチスの秘密警察、ゲシュタポが突然の来訪。

エルサはジョジョの姉に成りすましてやり過ごそうとしますが絶体絶命、その時クレンツェンドルフ大尉が現れ機転を利かして危機を救います。

一息ついて外に出たジョジョでしたが、彼の眼に飛び込んできたのは、「密告者」として首つりの刑に処されてしまったロージーの姿でした・・・

このシーンは誰もが「やられたッ」と叫ばずにはいられないでしょう。

戦争やナチスをテーマにしつつも底抜けに明るいストーリーだった本作がここまで強烈に転調するなんて。

演出も憎らしい。

少年ジョジョの目線の高さで、首つりにされたロージーの靴が飛び込んでくるカメラワーク。
直接的な描写でないでけに余計に残酷さが際立ちます。

妄想癖のある少年が主人公であるため、ここまで隠されてきた戦争の残虐性を一気に観客に提示。
完全に一本取られました。

ジョジョラビットはただ面白いだけの映画ではないのです。

ラストの結末

ロージーの死後、エルサと二人だけで必死に生きていくジョジョ。

連合国はすぐ側に迫ってきていました。

ユーゲント時代の知り合いとの再会を果たしたのもつかの間、ついに始まった大規模な市街戦に巻き込まれてしまうのでした。

ドイツ軍や一般市民が次々と銃弾に倒れていく中、ジョジョも少年兵だと勘違いされて囚われてしまいます。

間一髪のところでクレンツェンドルフ大尉が命を犠牲にすることでジョジョは救われたのでした。

戦争が集結したということは、エルサは自由の身となり逃げだしていけるということ。

一人ぼっちとなることを恐れたジョジョは「ナチスが勝利した」とエルサに嘘をつきます。

しかし、落ち込むエルサの姿と母からのメッセージを思い出したジョジョ。

戦争の継続を主張する妄想ヒトラーと決別し、エルサに真実を告げることを決断します。

外の世界に足を踏み出した二人。

二人は見つめ合いながら踊り、自由な世界を身体中で感じ取るのでした。

感想

起承転結がしっかりした脚本で笑いあり涙あり、予想外の展開に驚き、恋の行方にドギマギし、ラストにはさわやかな余韻が残る。

ジョジョラビットを見ると感情が総動員されるので一言では映画を語りきることは難しいですね。

語りたい部分が多すぎて短くまとめてしまうのがもったいない。

ただ確実に言えることは、誰からも愛される良い映画だということです。

ヒトラーをこのように描くことに賛否はあると予想されますが、私はその挑戦的な姿勢に拍手を送りたいと思いました。

久しぶりに、年齢性別鑑賞シチュエーションを越えて多くの人におすすめしたいと感じた映画でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました