祈りの幕が下りる時(映画)のラスト結末は?ネタバレあらすじと感想も

邦画

日本を代表するミステリー作家で、これまでに数多くの傑作を発表してきた、東野圭吾さん。

そんな東野圭吾さんの小説を原作とした映画は数え切れませんが、ここでは、そのなかから、映画『祈りの幕が下りる時』をピックアップしていきたいと思います。

『湯川学』シリーズと並ぶ人気シリーズ、『加賀恭一郎』シリーズの1作である本作は、東野圭吾ファンでなくても見入ってしまうのは間違いなしの、人情ミステリーの傑作でした。

阿部寛さん演じる主人公・加賀恭一郎の活躍に想いを馳せながら、見ていきましょう。

スポンサーリンク

映画『祈りの幕が下りる時』のネタバレあらすじ

スナックに田島百合子という女性が面接に来ました。

採用されることになった田島百合子でしたが、突然、心臓が原因で亡くなってしまったのです。

そんななか、刑事の加賀恭一郎のもとに、母親が亡くなったからと、遺品を受け取るよう頼む手紙が来ました。

そう、田島百合子とは、加賀恭一郎の母親だったのです。

加賀恭一郎の父親の加賀隆正は、田島百合子と結婚したものの、離婚し、加賀恭一郎は、両親それぞれと関わらずに生きてきたのです。

加賀恭一郎は、刑事の松宮脩平に、不審な殺人事件が2件あると持ち掛けられました。

それは、ホームレスが焼死体となって発見されたというもの、そして、押谷道子という女性が絞殺されたというものだったのです。

越川睦夫という男

ホームレスの事件と押谷道子の事件は、場所も発生した日も近かったのでした。

そして押谷道子が殺されたアパートに住んでいて、現在、行方不明になっている越川睦夫の部屋からは、12ヶ所の橋の名前のメモが出てきます。

ところが、実はこれは、田島百合子の遺品のカレンダーに書かれていたものとピッタリ一致していたのでした。

これを受け、加賀恭一郎は、田島百合子のことを知るためにも、押谷道子の事件を捜査することに決めるのです。

加賀恭一郎は捜査に参加していくなかで、友人の浅居博美が押谷道子の友人だったということを知ったため、彼女に、押谷道子の事件を知らせたうえで、越川睦夫の所在を突き止めようとするものの、不発に終わってしまいました。

浅居博美との戦い

が、やがて、加賀恭一郎は、浅居博美が、浅居厚子という認知症の母親のことを悩みのタネにしていたと知ることになります。

浅居厚子は、浅居博美の父親の浅居忠雄に借金をさせ、自殺に追い込んでいたという、信じられないような過去の持ち主でした。

加賀恭一郎は、浅居博美と押谷道子の担任だった苗村誠三の存在を知りますが、捜査は膠着状態が続いていくことに。

その後、例の12ヶ所の橋に着目した加賀恭一郎は、その1つの日本橋で電話中の浅居博美が写った写真を見つけます。

しかし、浅居博美は、そのことも苗村誠三のことも知らないと言うばかり。

が、加賀隆正が亡くなってしまい、加賀恭一郎は、死後になってようやく、自分の父親がみずからを想ってくれていたと知って、複雑な気分になります。

越川睦夫の正体

浅居博美に向かって、みずからの経験を語っていくことにする、加賀恭一郎。

すると、ようやく浅居博美は自身の過去を話し出します。

浅居忠雄は、浅居博美といっしょに借金で夜逃げしたものの、浅居博美は、いかがわしい男に襲われて、彼を殺してしまいました。

浅居忠雄は、そんな娘を守ろうと、男の死体を処理し、男に成りすまして生きていくことにしたのです。

浅居博美の通話相手とは、この浅居忠雄だったのでした。

が、そんな浅居忠雄が生きていたことを押谷道子が知ってしまったため、浅居忠雄は口封じに、彼女を手にかけたのです。

そして、この浅居忠雄こそが、加賀恭一郎が追っていた越川睦夫だったのでした。

浅居忠雄=越川睦夫は、自殺を図ったものの、浅居博美に見つかって未遂に終わっていたのです。

スポンサーリンク

ラストの結末

苗村誠三は浅居忠雄が殺していました。

そしてホームレス殺人事件がキッカケになって、浅居博美は、そんな浅居忠雄のことを憐れんで、殺してしまったのでした。

が、実は、浅居忠雄は逃亡中、田島百合子と恋愛関係になっていたのです。

それが原因で、浅居博美は加賀恭一郎に接近したというわけでした。

田島百合子の訃報を告げたのも、浅居忠雄だったのです。

そして浅居博美は、加賀恭一郎に、浅居忠雄からの手紙を渡しました。

その手紙には、田島百合子が息子である加賀恭一郎のことを想う気持ちが書かれていたのです。

浅居博美は捕まりました。

一方、加賀恭一郎は、田島百合子のことをちゃんと知ることができたのを励みにしながら、これからを生きていこうとします。

スポンサーリンク

感想

東野圭吾作品や、それを原作とした映画には、人情ものが少なくありません。

映画『祈りの幕が下りる時』は、とくにそれが顕著なようですね。

その一方で、さまざまな人物がつながっていたり、同一人物だったりと、たんなる謎解きではなく、巨大な迷宮のようだとさえいえるかもしれません。

が、本作の場合、ミステリーにくわえ、加賀恭一郎の人生にも迫っているのも見逃せないところ。

もともと『加賀恭一郎』シリーズが好きな方であれば、感銘を受けられること請け合いでしょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました