ひとよ(映画)のラスト結末は?ネタバレあらすじと感想も!佐藤健主演

邦画

白石和彌監督といえば、迫力のある作風で知られている監督の1人ですよね。

今回は、そんな白石和彌監督の作品である映画『ひとよ』を取り上げていきたいと思います。

こちらもやはり殺人事件がかかわったストーリーでしたから、とても内容が気になる感じになっていました。

それでは、映画『ひとよ』とはどのようなあらすじだったのか、これからチェックしていきます。

主演の佐藤健さんほか、鈴木亮平さん、松岡茉優さんなど、キャストにも注目していきましょう。

スポンサーリンク

映画『ひとよ』のネタバレあらすじ

あらすじ

ときは15年前にさかのぼります。

大雨が降るなか、稲村こはるが、稲村家に帰ってきました。

稲村こはるは、自身の帰宅を待っていた子供たちの、稲村雄二、稲村大樹、稲村園子に向かって、衝撃的な告白をします。

なんと、3人の父親の稲村雄一を殺したというのです。

稲村雄一は暴力が絶えなかったため、稲村こはるは、みんなを守るためにやむを得ず、凶行に及んだのでした。

稲村こはるは、15年後の帰宅を誓って、警察へ。

それから15年が経って、稲村雄二は雑誌の編集者、稲村大樹は電気店、稲村園子はスナックで、それぞれ働いていたのです。

稲村家には、事件後、嫌がらせもあったものの、家業だったタクシーは、親戚によって、なんとか経営されていました。

ネタバレ

稲村こはるの帰還

さて、15年前に出て行った稲村こはるが、約束通り、稲村家に帰ってきました。

稲村大樹と稲村園子はおどろきを隠せません。

稲村大樹からこれを聞かされた稲村雄二は、実家へと向かいます。

しかし、みんなはいきなり戻った稲村こはるを見ながら、気まずいふんいきに。

稲村こはるは働きだすものの、稲村雄二は、母親に対して好感を持つことができませんでした。

当然、稲村こはるのせいで、兄弟そろって嫌がらせの標的にされてきたからです。

一方で、稲村大樹と稲村園子は、そんな兄とは対照的に、稲村こはるに理解を示すのでした。

しかしながら、稲村雄二が稲村こはるの事件を記事にしたため、稲村家に対する周囲からの嫌がらせが再燃してしまうのです。

不器用な親子

稲村大樹は、関係が悪化していて別居していた嫁の稲村二三子から、稲村こはるの事件を隠していたことを責められてしまいました。

これに対して怒ってしまった稲村大樹は、稲村二三子を殴ってしまい、さらに、稲村こはるにも絡んでしまいます。

すると稲村こはるも稲村大樹に逆上してしまい、万引きをしてしまったのでした。

なんとか警察沙汰にはならなかったものの、稲村雄二は、この件によって、ますます稲村こはるに不快感を示していきました。

そんななか、稲村家の親戚で、タクシーを経営していた丸井進は、稲村こはるに同情していて、稲村雄二を叱ります。

このことがあって、稲村雄二、稲村大樹、稲村園子は、稲村こはるに理解を示していくのでした。

稲村こはるの危機

そんななか、丸井進のもとでタクシーの運転手を務めていた堂下道生は、ある日、後輩と出会います。

ところが、実は、堂下道生は元ヤクザという素性の男で、覚せい剤の運び屋に加担することになってしまいます。

が、こともあろうに、堂下道生が運ぶことになっていた覚せい剤の運び屋とは、ほかならぬ彼の息子だったのです。

これに嫌気がさしてしまった堂下道生は、酒に酔った挙句、稲村こはるをタクシーで連れ去ってしまいました。

このことを知らされた稲村雄二、稲村大樹、稲村園子は、団結して稲村こはるを追っていくことに。

みんなは、堂下道生が稲村こはるを巻き添えに死のうとするのを食い止めて、なんとか母親を助け出すことに成功したのです。

スポンサーリンク

ラストの結末

稲村雄二は、堂下道生に向かっていったところ、彼から、稲村こはるを記事にしたことで責められ、感情が高まっていきます。

そして稲村雄二は、稲村こはるに対する自身の熱い想いを、堂下道生にぶつけていくのでした。

やがて堂下道生は、みずからが息子と過ごした一夜を嘆いていきます。

すると稲村こはるは、そんな堂下道生に向かって、慰めていき、なんとか一連の騒ぎは終結したのです。

その後、稲村こはるの事件の影響で美容師になれなかった稲村園子は、そんな母親の髪を切ることにしました。

すると、稲村こはるは、殺人者には見えないような様子で空を見つめていたのです。

このようにして、稲村家はようやく、家族のきずなを取り戻すことができたというわけでした。

スポンサーリンク

感想

以上が映画『ひとよ』のあらすじとなりますが、なんともいえない、濃すぎるストーリーですよね。

いくら自分たちを守るために仕方なくやったことだったとはいえ、父親を殺してしまった母親と、それを受け入れていくことになる子供たち。

これだけでも深淵極まりない話なのに、おまけに、元ヤクザのタクシー運転手とその息子まで絡んできて、実に味わい深い家族の物語となりました。

結果的に稲村家に平穏が戻ってきたのはよかったですが、できれば、稲村雄二、稲村大樹、稲村園子、稲村こはるのその後も見てみたい気がしますね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました