ヘルタースケルター(映画)のネタバレあらすじと感想!りりこの暴走がやばい

邦画

先日、沢尻エリカさんが大変なことになってしまい、世間が大騒ぎとなりました。

そこでというわけではありませんが、今回はそんな沢尻エリカさんが主演の作品名:ヘルタースケルターをご紹介。

本作は、人気漫画家の岡崎京子さんの同名コミックが原作です。

岡崎京子さんといえば、ほかにも、『リバーズ・エッジ』、『チワワちゃん』など、実写映画化された名作がありますので、本作も楽しみですよね。

それでは、本作はどんなあらすじになっているのかをご覧ください。

スポンサーリンク

映画『ヘルタースケルター』のネタバレあらすじ

あらすじ

カリスマモデルとして知られているりりこには、絶対バレてはいけない秘密がありました。

それは、全身を美容整形していたという、到底、信じがたいもの。

が、りりこを担当する美容外科の問題を調べる検事の麻田誠は、この秘密を看破していました。

実は、美容外科の実態は、ありえない報酬を巻き上げたり、薬物も使用するなど、問題だらけだったのです。

そんななか、りりこは、美容整形によって得た美にとりつかれるようになって、施術の代償であるあざも増えていくことに。

さて、やがて、りりこの事務所に吉川こずえというモデルがあらたに入ってきて、りりこは天然の美しさを持つ彼女に嫉妬。

が、吉川こずえはりりこより人気モデルになっていって、りりこはどんどん薬物にハマってしまいます。

そんななか、彼氏の南部貴男が政治家の娘と結婚することになって、りりこはますますショックを受けてしまうことに。

りりこは怒りのあまり、この結婚相手をマネージャーの羽田美知子とその彼氏の奥村伸一に襲わせますが、事務所はそんな彼女を見放そうとしていました。

さらには、自分を出し抜いた吉川こずえまで羽田美知子に襲わせようとするりりこでしたが、これはあいにく失敗に終わるのでした。

そしてとうとう美容外科の秘密は世間に知れ渡ることになって、りりこは人間としてもモデルとしても、破滅してしまいます。

ネタバレ

美容整形の狂気

映画『ヘルタースケルター』は、人気モデルの実態が虚飾に満ちていたという、現実にありそうな、なさそうな、独特の恐怖を描いたドラマでした。

本作で目を惹くことになったのは、やはり、りりこの美容整形でしょう。

芸能人で美容整形している人は少なくありません。

しかし、りりこの場合、美容整形に過度に依存しているのが恐ろしいところ。

同性の羽田美知子に性的なことを求めるなど、徐々にメンタルにも異変が生じていくのですね。

妹の比留駒千加子から美しさを称賛されたところ、これにえらそうに答えるりりこでしたが、このシーンも恐ろしいものでした。

りりこの暴走

映画『ヘルタースケルター』でのりりこの狂気は、吉川こずえの登場で、ピークに達します。

吉川こずえにトップモデルの地位を奪われ、りりこが走ったのは、こともあろうに薬物。

さらにおかしくなっていくりりこは、羽田美知子と奥村伸一に、自分が見ている前でセックスするよう指示するなど、暴走が止まりません。

これはこれで怖いですが、そんなりりこに対して、あくまで忠実である羽田美知子と奥村伸一も、尋常ではありませんよね。

りりこのなれの果て

りりこがどんどん破滅に向かって突き進んでいった、映画『ヘルタースケルター』。

そんなりりこの最後は、あまりにも悲惨なものでした。

美容整形がマスコミにバレたりりこは記者会見しますが、衆人環視のなか、自分の目を突き刺したのです。

が、りりこの狂気はとどまるところを知りません。

破滅から数年後、吉川こずえが仕事で海外に行き、見世物小屋に行くと、羽田美知子と奥村伸一が店員として勤務していました。

そして、そこでは、あのりりこが見世物になっていたのです。

スポンサーリンク

感想

ここまで映画『ヘルタースケルター』のあらすじ、ネタバレを見てきましたが、もはやホラーといっていい内容ですね。

人間が壊れてしまう怖さをここまで描いた作品もそうないでしょう。

しかし、エンターテインメントとしての本作はあくまでおもしろいものの、りりこを演じた沢尻エリカさんがあんなことになろうとは、何たる皮肉でしょう。

沢尻エリカさんには早期の社会復帰に期待したいものです。

が、あくまでそれとは関係なく興味深い映画『ヘルタースケルター』も、これはこれで、ぜひ、お楽しみください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました