初恋(映画2020)ラスト結末は?ネタバレあらすじと感想も!窪田正孝主演

邦画

2020年2月28日に公開された映画『初恋』について、取り上げていきたいと思います。

窪田正孝さん主演、三池崇史監督作品で、ボクサーを主人公としたハードボイルドな映画となっています。

闇の世界に惹かれるという方であれば、楽しめること請け合いの一作であるといえるでしょう。

大抜擢された小西桜子さん、ほか、大森南朋さん、染谷将太さん、ベッキーさん、内野聖陽さん、三浦貴大さんといったキャストにも注目。

それでは、そのあらすじをご紹介してまいりますので、さっそく、ご覧ください。

スポンサーリンク

映画『初恋』のネタバレあらすじ

ボクサーの葛城レオは、将来有望でしたが、育った家庭が不遇で、実の親の顔が分からないという青年でした。

ヤクザの権藤が出所することになり、穏健な組長代行に反発して、中国マフィアとのあいだに緊張を走らせていきます。

一方、加瀬は、刑事の大伴といっしょになって、権藤の組と中国マフィアが潰し合いをするのを期待していたのでした。

そんななか、ヤクザのヤスのアパートに、モニカという少女が閉じ込められていたのです。

モニカは自身に性被害を加えていた父親の借金のせいで売られ、薬物中毒にされ、ヤスの彼女のジュリに見張られていました。

葛城レオはある日、いきなり、脳腫瘍に侵されていて、長く生きられないと宣告されてしまいます。

葛城レオとモニカの出会い

すっかりショックを受けてしまった葛城レオは、街中でたまたまモニカと出会うことになります。

モニカは大伴に追われていたため、葛城レオは、大伴をやっつけました。

その後、大伴が刑事だったと知っておどろき、モニカとともに逃げていく、葛城レオ。

そんななか、加瀬は、薬物に関する非情な計画を立てていました。

ヤスが薬物を取って、モニカを犯人にして、モニカと薬物を交換し、ジュリともども消すというものだったのです。

ところが、モニカは大伴のもとから逃げてしまい、加瀬は、ヤスに正体を知られたため、仕方なくヤスを抹殺しました。

一方、自分をさらった男を返り討ちにしたジュリは、ヤスが殺されたと知って、パニックに。

その後、加瀬は、ジュリの扱いをめぐってイラついていくのです。

ピンチになる加瀬

あわや殺される寸前という状況で、命からがら、なんとか逃げだすことに成功した、ジュリ。

そんな彼女は、加瀬のたくらみを組に告げて、加瀬を追っていくことに意欲を見せていきます。

一方、葛城レオとモニカは、同級生に会おうと千葉へと向かうことに。

ところが、加瀬と大伴がモニカを捕まえるためにやって来たうえに、さらには中国マフィアまでもが登場し、状況は混迷を極めていきます。

おまけに、権藤やジュリまでもがやってきたのでした。

ジュリはもちろん、ヤスを殺した加瀬のことを強く憎んでいたため、彼の命を狙っていきます。

やがて加瀬は襲撃を受けてしまって、それから薬物を浴びたことによって、ようすがおかしくなってしまうのでした。

激化していくバトル

ゴロツキたちの争いはエスカレートしていきます。

危うく死にかけながらも、ホームセンターの中へ逃げていく、葛城レオとモニカ。

そんななか、葛城レオに朗報が届きます。

例の脳腫瘍でもうすぐ死ぬというのは事実ではなかったのです。

もっとも、葛城レオは、死ぬという前提で暴れてきたため、逆にこれからのことに恐怖します。

葛城レオとモニカはその後、中国マフィアに狙われるものの、かろうじて助かりました。

が、ホームセンターでは、残りの連中の死闘が続きます。

加瀬はジュリに殺され、ジュリもモニカだとかん違いされて殺されてしまうのでした。

さらに大伴も、警察に包囲されてしまい、銃撃されてしまったのです。

そして戦いを制した権藤は、葛城レオに手助けをさせ、モニカともども、逃げていきました。

スポンサーリンク

ラストの結末

葛城レオとモニカは、権藤から、ようやく解放してもらえました。

そして、モニカは同級生と再会をはたしますが、やりとりはスムーズにいきません。

結局そのまま、葛城レオとモニカは、同級生のもとから去っていくことにしました。

モニカは、そのまま葛城レオの家へと行くことに。

こうして、ヤクザ連中との狂気じみたバトルから自由の身になった、葛城レオとモニカ。

葛城レオはそれまで通りに、ボクシングに向かって真剣に取り組んでいきます。

一方、やっとまともな環境に置かれることになったモニカは、薬物とスッパリ手を切るために、更生に取り組んでいくことになるのでした。

そして葛城レオとモニカは、またもや葛城レオの家へと向かうのです。

スポンサーリンク

感想

甘酸っぱいタイトルとは打って変わって、映画『初恋』はそうとう暗黒めいた世界のお話でしたね。

これでもかというくらい登場する危険人物たちが、大変迫力があって、見どころとなりました。

最終的には、葛城レオとモニカはハッピーエンドとなったものの、とにかく、そこに至るまでの過程が長すぎて、何度、肝をつぶしそうになったかしれません。

葛城レオも、モニカも、今度こそ、人並みで平穏な生活を送ることができればいいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました