蜜蜂と遠雷(映画)のネタバレあらすじとラスト結末!感想も

邦画

2019年に公開された、映画『蜜蜂と遠雷』を取り上げていきたいと思います。

恩田陸さんの直木賞&本屋大賞ダブル受賞小説の実写化作品という、大変、興味深い作品となっています。

音楽をテーマにした情熱あふれるストーリーということで、おおいに注目を集めることになりました。

松岡茉優さんが主演、共演者が松坂桃李さんなど、キャストも非常に魅力的になっていますので、期待は高まりますね。

それではさっそく、そのあらすじを見ていきましょう。

スポンサーリンク

映画『蜜蜂と遠雷』のネタバレあらすじ

舞台となっていくのは、ピアニストなら誰もが夢見る、芳ヶ江国際ピアノコンクールです。

国際的に活躍することも期待できるピアノコンクールとして、全国のピアニストたちが、ここに出場することをめざしていました。

いつも、すごい腕を持ったピアニストが集まるなか、今回も同様に、ピアニストたちによる腕の競い合いが激化していくことに。

そんななか、1人の少女がいました。

栄伝亜夜といって、昔は天才の名をほしいままにしていたものの、母親が亡くなったことによって、その運命は暗転してしまいました。

それ以降、彼女はすっかりピアノの世界から遠ざかってしまっていたのです。

しかし、栄伝亜夜はこのたび、再起をかけることにしたのでした。

ピアノコンクールへの挑戦者たち

芳ヶ江国際ピアノコンクールへの挑戦者には、栄伝亜夜以外にも、まだまだ、実にいろんな人たちがいたのでした。

そのなかでも、とくに注目すべき存在となってくるのが、高島明石、マサル・カルロス・レヴィ・アナトール、風間塵の3人です。

高島明石は、楽器店で働きながらも、生活者の音楽を探求しているという、独特の男性でした。

マサル・カルロス・レヴィ・アナトールは、栄伝亜夜の幼なじみ。

風間塵は、ピアニストのユウジ・フォン・ホフマンから推薦されたという、稀にみる演奏技術を持った男性だったのです。

こうした個性豊かな4人のピアニストたちは、見事、一次審査を乗り越えることに成功して、それぞれ、さらなる高みを目指していくことになります。

二次審査

4人はやがて、二次審査へと進むことになります。

二次審査の内容とは、かなりの難題でした。

「春と修羅」という課題曲が用意されていて、後半は、それぞれが即興で演奏しなければいけなかったのです。

ここで、4人のそれぞれの個性が発揮されていくことに。

栄伝亜夜と風間塵は、個性を重視した即興をしました。

これに対して、高島明石は、日常性にこだわった即興で、マサル・カルロス・レヴィ・アナトールは、演奏技術に重きを置いた即興で、それぞれ対抗していきます。

やがて高島明石は二次審査を通過できず、残りの3人と、ほかの3人が最終審査に挑むことになりました。

高島明石は、年齢的にもうチャンスがありませんでしたが、本人は納得していたのです。

最終審査

いずれも甲乙つけがたい3人は、芳ヶ江国際ピアノコンクールをざわつかせていきます。

栄伝亜夜は、かつての天才だけに、話題性抜群。

風間塵は、ユウジ・フォン・ホフマンから推薦されたことが強く影響していました。

マサル・カルロス・レヴィ・アナトールは、そんな2人より、やや抜きんでた情勢。

やがて最終審査がやって来て、オーケストラとともに演奏の技を戦わせるという、そうとう困難な展開になります。

風間塵は器用にこれに対応していきました。

が、指揮者の小野寺昌幸によって追い詰められていく、マサル・カルロス・レヴィ・アナトール。

そして栄伝亜夜は、ピアノの世界から遠ざかるキッカケになったときを思い出して、スランプになってしまいます。

スポンサーリンク

ラストの結末

実は、栄伝亜夜はその昔、まさにオーケストラといっしょに演奏する直前、母親の訃報を知らされ、トラウマになってしまっていたのです。

演奏できない栄伝亜夜は、残りの2人と競うのをやめ、最終審査を辞めようとします。

が、そんな栄伝亜夜は、昔、母親といっしょにピアノを弾いていたことを思い出し、最終審査に復帰し、ピアノに再び挑むことに決めました。

そしてとうとう、芳ヶ江国際ピアノコンクールの運命の結果が決まります。

はたして、優勝したのは、マサル・カルロス・レヴィ・アナトールでした。

でも、栄伝亜夜は、次点となったのです。

風間塵は3位でした。

そして脱落したかに思えた高島明石にも、奨励賞が与えられ、一件落着となったのです。

スポンサーリンク

感想

映画『蜜蜂と遠雷』は、奇想に満ちた作家として知られる恩田陸さんの小説が原作だけあって、実に巧みなストーリーでしたね。

登場人物たちの葛藤、音楽の情感など、さまざまな要素が絡み合うことによって、実に小気味いい展開になっていったと思います。

クラシック音楽はまったくくわしくないという方であっても、青春ストーリーとしても存分に楽しむことができる作品になっていますので、ぜひとも、見逃さないでいただきたいものです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました