映画『永遠の0(ゼロ)』のラスト結末は?ネタバレあらすじと感想も

邦画

百田尚樹さんの同名小説が原作の映画『永遠の0』について、お届けしていきたいと思います。

太平洋戦争をテーマにした作品で、社会現象を起こしたことでも、記憶に新しいところですよね。

主演が演技派として知られる岡田准一さんで、ほか、三浦春馬さん、井上真央さん、吹石一恵さん、風吹ジュンさん、上田竜也さんなど、キャストのほうも魅力あふれるものになっています。

それでは、そんな映画『永遠の0』のあらすじはどうなっているのか、さっそく、見てまいりましょう。

スポンサーリンク

映画『永遠の0』のネタバレあらすじ

佐伯健太郎は、祖母の大石松乃を亡くしました。

そんななか、佐伯健太郎は、大石松乃は、祖父の大石賢一郎とは再婚であり、大石賢一郎とみずからが血縁関係にないという衝撃的な事実を知ることになります。

母の佐伯清子いわく、本当の祖父は宮部久蔵という特攻隊員で、太平洋戦争で戦死していたとのこと。

姉の佐伯慶子は、宮部久蔵のことを書籍化しようと考えていき、佐伯健太郎はそんな姉に協力していくこととなりました。

こうして2人は宮部久蔵の関係者への取材をはじめますが、かつて宮部久蔵といっしょだった戦友たちは、彼のことを臆病だったと評価していたのです。

そんななか、景浦という男に会った佐伯健太郎が、彼に宮部久蔵が臆病だったという件を持ち出すと、逆に怒られてしまったのでした。

宮部久蔵の過去

さらに、その後、佐伯健太郎が会った宮部久蔵の部下だった井崎は、彼を評価していました。

そして井崎は、大石賢一郎に向かって、宮部久蔵について、長く語ってくれたのです。

話は太平洋戦争時にさかのぼります。

宮部久蔵と井崎は同じ部隊に入っていました。

そしてゼロ戦で真珠湾攻撃に加わったのです。

しかし、米軍へのダメージが少なかったことや、戦友の死で宮部久蔵は沈んでいたのでした。

そんななか、ミッドウェー海戦において、日本軍は空母が壊滅し、戦局は悪化していくことに。

やがてラバウルに向かった宮部久蔵たちでしたが、井崎は、宮部久蔵が戦死せず生還したがっていることを不可解に思っていました。

一方、宮部久蔵はみずからが戦死したら、妻子が路頭に迷うと、懸念していたようです。

宮部久蔵の人となり

井崎は戦死願望を語りますが、すると宮部久蔵に怒られました。

が、井崎は、そんな宮部久蔵のことを臆病だとは思っていなかったのです。

また、井崎は、実は、若き日の大石松乃と佐伯清子に会ったこともあったのでした。

佐伯健太郎は、宮部久蔵が、生にこだわりながら特攻隊に入ったことを不思議に思っていきます。

その後、宮部久蔵のあらたな逸話が明らかに。

なぜか宮部久蔵の指導を受けていた学生たちは、訓練で認めてもらえず、戦地へ行けず、彼のことをよく思っていなかったのでした。

また、宮部久蔵は、上官と生徒の命をめぐって争っていたことも判明します。

そして、このことで、学生たちは宮部久蔵への考えを改めていったのでした。

やがて佐伯健太郎は、門前払いされた景浦とふたたび会い、今度は宮部久蔵の話を聞けることになります。

大石賢一郎の回想

宮部久蔵と景浦は戦友で、景浦は宮部久蔵がいつもケガをしないでいることに最初は違和感を覚えていました。

が、やがて彼への見方を変えていくようになったのです。

終戦の年、宮部久蔵はついに出陣することを決めました。

そして出陣する日、宮部久蔵は、佐伯健太郎が今まで祖父だと思っていた大石賢一郎と、機体を交換していました。

そして宮部久蔵は戦死し、大石賢一郎は生き残ったというわけです。

佐伯健太郎は、佐伯清子、佐伯慶子とともに、大石賢一郎から宮部久蔵の話を聴くことに。

大石賢一郎は宮部久蔵の生徒で、彼から戦闘中に命を救われていました。

さらに、宮部久蔵は、大石賢一郎を故障した戦闘機に乗せ、結果的に戦死しないように仕向けていたのです。

スポンサーリンク

ラストの結末

宮部久蔵は、大石松乃と佐伯清子のことを頼むと遺言していました。

これを受けて、宮部久蔵に恩義がある大石賢一郎は、彼の遺志のとおりに動いていきます。

大石松乃と佐伯清子を探し出した大石賢一郎は、さっそく、2人の力になろうとしました。

これに対して、当初は大石賢一郎の話を断っていた大石松乃だったものの、次第に彼に好意を抱いていくようになります。

その後、大石賢一郎と大石松乃は、はれて結婚することになって、佐伯清子を育てていったというわけでした。

大石賢一郎は、これまでしなかった宮部久蔵の話を、娘や孫たちの前ですることができて、とても満足します。

宮部久蔵と彼のゼロ戦は太平洋に散ったものの、これからも永遠なのでした。

スポンサーリンク

感想

映画『永遠の0』は、太平洋戦争やゼロ戦のことを知るうえでは、いい材料となりそうですね。

史実だけではなく、家族のドラマ、友情を描いた作品としても、一見の価値はあるといえるでしょう。

とりわけ、宮部久蔵と大石賢一郎の話は、涙なしには観られません。

とくに終戦記念日やその季節には、毎年、しっかり観ておきたいところでしょう。

なかでも、これまでに観たことがないという方は、視聴することを推奨しておきたいと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました