あやしい彼女(日本映画)のネタバレあらすじと感想を簡単にわかりやすく

邦画

今回ご紹介する映画『あやしい彼女』は、2014年に公開された韓国映画の日本版リメイク作品となります。

原作は、オ・マルスンという老女が20歳に若返ってしまうというストーリーで、話題を振りまきました。

その後、中国で2015年、ベトナムで2015年、日本で2016年にリメイクされることに。

日本版リメイクでは、オ・マルスンにあたる主人公・大鳥節子(本来は老女の瀬山カツ)役を多部未華子さん(老女時代は倍賞美津子さん)が演じました。

それでは、どのようなあらすじなのかを追っていきましょう。

スポンサーリンク

映画『あやしい彼女』のネタバレあらすじ

瀬山カツは、何かともめごとが絶えない老女でした。

そんな瀬山カツは、娘の瀬山幸恵を1人で育ててきたのでした。

しかし、それも、瀬山カツのことが好きで、力を貸してくれた中田次郎の存在があってこそ。

さて、ある日、瀬山幸恵とケンカしてしまった瀬山カツは、なんと、姿が若い女性に変わってしまったのです。

自宅に帰れなくなった瀬山カツは、大鳥節子と名乗って、中田次郎の家に世話になることに。

さて、商店街のお祭りで歌声を披露した大鳥節子は、プロデューサーの小林拓人の目に留まります。

すると、相手が祖母とは知る由もない孫の瀬山翼から、自身のバンドのヴォーカルになってくれと頼まれるのでした。

引き受けると、大鳥節子は絶賛され、瀬山翼のバンドは小林拓人プロデュースでテレビ出演が決まります。

その後、大鳥節子は瀬山カツだということに気づいてしまう、中田次郎。

とうとう、瀬山翼のバンドは、オリジナル曲でロックフェスティバルに出演できれば、デビューも期待できるという展開に。

一方、瀬山幸恵も大鳥節子の正体に感づきます。

さて、ロックフェスティバル当日になりますが、こともあろうに、瀬山翼が事故に遭ってしまいました。

大鳥節子は瀬山翼を救い、瀬山カツに戻りますが、彼のバンドは結局、元のヴォーカルが復帰したことで、そのままデビューとなるのです。

大鳥節子への変身シーン

映画『あやしい彼女』で見どころの1つとなった、瀬山カツの大鳥節子への変身シーン。

その変身の仕方も注目となりました。

瀬山カツは、瀬山幸恵とケンカをしてしまい、オオトリ写真館で写真を撮影します。

すると、いつのまにか、姿形が大鳥節子になっていたのですね。

映画での変身シーンといえば、手の込んだものも少なくありません。

そんななか、ずいぶんシンプルで、なおかつロマンを感じさせる変身でした。

しかし、変身といえば、実はもう1人いましたので、後ほどご紹介いたします。

大鳥節子としてデビューできなかった

瀬山カツは、瀬山幸恵とケンカをして、大鳥節子になってしまいます。

が、娘とは対照的に、孫の瀬山翼には協力的でした。

本人はし損ねたものの、孫を音楽デビューさせられましたし、大活躍でしたよね。

なお、瀬山カツがデビュー寸前で大鳥節子から元に戻ってしまったのは、事故に遭った瀬山翼を救うために輸血したからでした。

歌がうまい瀬山カツだっただけに、大鳥節子としてデビューできなかったのはもったいない気もします。

でも、老女に戻ってまで孫を救ったほうがずっとかっこよかったですよね。

瀬山カツと中田次郎の関係

映画『あやしい彼女』では、瀬山カツと中田次郎の関係も見どころとなりました。

瀬山カツが好きで、彼女の世話をしてくれたり、彼女とは知らず、大鳥節子を居候させてくれた、中田次郎。

劇中ではとにかく優しいキャラクターでしたが、彼は衝撃的なオチとなりました。

大鳥節子から元に戻った、瀬山カツ。

しかし、そしたら今度は、中田次郎が若者に変身してしまうのです。

理由はもちろん、オオトリ写真館で写真を撮影したから。

本作に実にふさわしい締め方だったといえるでしょう。

スポンサーリンク

感想

さすが原作が韓国映画だけあって、『あやしい彼女』は突拍子もないものの、おもしろいですよね。

なんといっても、大鳥節子=瀬山カツが、若者としても老女としても、それぞれ存在感があって、見どころとなりました。

さらに、大鳥節子の輸血シーン以外にも、ケンカした瀬山幸恵が、途中で瀬山カツのありがたみを知ったりと、しみじみするシーンもありましたので、なおさら楽しく観ることができるかと思います。

本作を観て関心を持った方は、韓国版もご覧になってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました