8年越しの花嫁(映画)のラスト結末は?ネタバレあらすじと感想も

邦画

映画といえばフィクションのイメージが強いと思いますが、今回取り上げていくのはノンフィクション作品です。

といっても、別にかたくるしい社会派作品などではなく、感情移入しやすい人間ドラマでした。

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』ですね。

カップルがせっかく婚約したものの、女性が長い昏睡状態に陥ってしまうという、フィクションのようなショッキングな内容でした。

その具体的なあらすじがどうなっているというのか、これから見ていきましょう。

スポンサーリンク

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』のネタバレあらすじ

西澤尚志は、太陽モータースという自動車修理工場に勤務しています。

ある日、西澤尚志は、先輩従業員の室田浩輔によって、合コンに招待されることになりました。

やや一方的だった室田浩輔でしたが、西澤尚志は、合コンに出席したところ、奇跡を体験することとなったのです。

合コンに参加していた女性たちのなかに、運命の相手である中原麻衣がいたからでした。

あいにく西澤尚志は体調がすぐれず、そんな彼はおもしろくなさそうに映ったため、中原麻衣は、彼に向かって忠告します。

が、それがかん違いだったと判明し、気まずかった2人は親密になり、距離が縮まっていくことに。

そして西澤尚志と中原麻衣は、デートをする関係になったのです。

中原麻衣の悲劇

西澤尚志と中原麻衣ははれて交際するようになり、それから1年の月日を経て、進展が訪れます。

西澤尚志が中原麻衣にプロポーズしたのです。

中原麻衣はこれを受け入れ、2人はすっかり結婚式に向けて、幸せな毎日を送っていくのでした。

しかし、中原麻衣は身体の具合がおかしくなっていって、あと3ヶ月で挙式するというタイミングで、いきなり暴れるなど、問題行動を見せるようになってしまったのです。

中原麻衣は病院に行きますが、体調はすっかり悪くなって、西澤尚志は困惑します。

中原麻衣は抗NMDA受容体脳炎というむずかしい病気でした。

命こそかろうじて助かった中原麻衣ではありましたが、とうとう結婚式は予定されていた通りにはできませんでした。

西澤尚志の決意

中原麻衣は生きながらえたものの、意識不明のまま、日々を送ってしまうことになります。

もはや結婚式どころではなくなってしまい、ショックを禁じ得ない、西澤尚志。

そんな西澤尚志に向かって、中原麻衣の両親である中原浩二と中原初美は、中原麻衣と別れるよう説得していきます。

もちろん、まだ若く、将来がある西澤尚志のためを想ってのことでした。

ところが、西澤尚志はとても中原麻衣のことをあきらめることなんかできません。

やがて社長の柴田の思いやりもあって、西澤尚志は、中原麻衣の回復を信じて、彼女にずっと寄り添っていくことにするのです。

それからというもの、西澤尚志は、意識のない中原麻衣のために、献身的に尽くしていったのでした。

過酷すぎる現実

西澤尚志は、中原麻衣のために、さまざまなやり方で、彼女の病気と戦っていきました。

それから実に数年の時を経て、奇跡が起こります。

とうとう、中原麻衣は、長い昏睡状態から脱したのでした。

しかし、西澤尚志にとっては、ここから先が大変な日々だったのです。

中原麻衣は、意識こそ取り戻したものの、あろうことか、肝心の西澤尚志とは記憶は、すっかり失ってしまっていたのでした。

これにはさすがの西澤尚志もどうしようもなくなってしまって、とうとう、中原麻衣と別れようと決めることに。

西澤尚志は職場を去り、引っ越して、人生の再スタートを切ります。

一方、中原麻衣は退院することができ、一歩一歩ではありますが、社会復帰に向けて、がんばっていくのでした。

スポンサーリンク

ラストの結末

次第に回復を見せていく、中原麻衣。

ところが、西澤尚志の記憶は、あいかわらず、戻ってくることはなかったのです。

そんな中、中原麻衣は、おどろくべき事実を知ることとなりました。

西澤尚志は毎年、自分と結婚式をするはずだった式場を、挙式予定日に予約していたのです。

さらに、西澤尚志からメールが大量に送られていたことも把握します。

中原麻衣はやがて、西澤尚志との日々を思い出すことに成功しました。

西澤尚志のもとへ向かった中原麻衣は、あらためて彼に想いを告げ、彼は再度、プロポーズ。

その後、西澤尚志は、中原麻衣の婿養子となって、本来するはずだった結婚式を、おなじ予定日に、おなじ式場で挙げることに成功したのです。

スポンサーリンク

感想

ここまで、映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』のあらすじを見てきましたが、実にドラマティックですよね。

もしも、フィクションだったとしても、見ごたえはじゅうぶんだったはずです。

それが実話にもとづいているわけですから、なんとも奥深いものでしょう。

現実にこんなことが起こるなんて、なかなか実感がわきませんが、それはともかく、西澤尚志と中原麻衣が結ばれることになって、本当によかったですね。

西澤尚志が毎年、式場を予定日に予約していたなど、感涙必死のエピソードも満載です。

ぜひ、この奇跡を目に焼き付けておきましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました