四月は君の嘘(映画)のネタバレあらすじとラスト結末!宮園かをりの嘘

邦画

今回は、2016年に公開された映画『四月は君の嘘』を取り上げていきたいと思います。

新川直司さんのコミックが原作で、広瀬すずさんと山﨑賢人さんが共演して、話題となりました。

ヴァイオリニストとピアニストによる、音楽を織り交ぜた切ないラブストーリーとなっています。

もっとも、ラブストーリーとしても、音楽ものとしても楽しめますから、一石二鳥だといえるかもしれませんね。

それでは、どのようなあらすじなのか、これからさっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

映画『四月は君の嘘』のネタバレあらすじ

あらすじ

有馬公生は、まだ子供だったころに、ピアニストとして、周囲から一目置かれる存在でした。

そんな有馬公生は、母親によって、ピアノのスパルタ教育を受けていました。

その理由は、当の母親の余命が短かったからだったのです。

母親が回復することを祈って、有馬公生はピアノに取り組んできたものの、母親からは理解してもらえずに、叱られてしまったのでした。

その後、有馬公生の母親は他界。

すると、有馬公生は、自分が弾くピアノの音が聴こえないという症状に見舞われてしまうことに。

有馬公生はこのようにして、ピアノから遠ざかってしまいます。

が、やがて高校生になった有馬公生は、宮園かをりというヴァイオリニストと運命的な出会いを果たすのでした。

ネタバレ

音楽コンクールへ

宮園かをりの演奏を聴いて、すっかりおどろきを隠せない、有馬公生。

宮園かをりの演奏はあまりにも独創的だったからです。

このようにして、有馬公生は、宮園かをりに好意を抱いていくことに。

もっとも、宮園かをりは有馬公生の友人の渡亮太が好きなのでした。

有馬公生はショックを受けますが、宮園かをりは、有馬公生に接近しだします。

宮園かをりは、音楽コンクールのピアノの伴奏に有馬公生を選び、これを受け、彼は彼女といっしょに特訓することになりました。

有馬公生は音楽コンクールの日がやって来ると、すっかり緊張してしまうことに。

でも、宮園かをりは、そんな有馬公生を励ましてくれます。

そして演奏が始まりますが、有馬公生はやはり、ピアノの音が聴こえません。

アクシデント

有馬公生が演奏を止めてしまったため、宮園かをりも演奏を止めてしまうのでした。

が、宮園かをりは、ふたたび演奏をはじめ、結局、2人は音楽コンクールに落ちたものの、観客に感銘を与えたのです。

そこで宮園かをりはあらたなコンサートへの出演オファーが来て、また有馬公生に伴奏を任せました。

有馬公生は次第に、過去の苦しみを克服していき、母親が好んでいた曲などをあえて弾くようになっていきます。

ところが、そんな有馬公生と宮園かをりが出演することになっていたコンサートの日がやって来て、トラブルが起こります。

どうしたのか、宮園かをりが会場にやって来ないのでした。

仕方なく、有馬公生は自分だけで演奏に挑むことに決め、コンサートは成功するのです。

宮園かをりの悲劇

実は、宮園かをりは、入院していました。

たいしたことがないように説明していた宮園かをりでしたが、実際には、症状は重篤になっていたのです。

宮園かをりは、大変な手術を受けなければいけなかったところ、有馬公生の前向きな姿を見て、受ける決心をするのでした。

そんな有馬公生が挑むことになった音楽コンクールの日は、ちょうど宮園かをりが手術を受ける日でもありました。

有馬公生は、宮園かをりの幻を目の当たりしながら、演奏していきます。

それから季節がめぐり、春になりました。

有馬公生がふたたび宮園かをりに会うことはありませんでした。

彼女は亡くなってしまったのです。

そして、そんな宮園かをりからの手紙が有馬公生に渡されることになります。

スポンサーリンク

ラストの結末

その手紙は、宮園かをりにとって生前最後のものでした。

そこには、宮園かをりのこれまで明かしてこなかった嘘がしたためられていたのです。

宮園かをりは、子供のころ、有馬公生に音楽コンクールで出会って、好意を抱いていたのです。

そして有馬公生に伴奏してほしいために、ピアノを辞めてヴァイオリニストをめざすことにしたのでした。

しかし、すでに宮園かをりの余命は短いと分かっていたため、彼女は生き方を変えることにしました。

それは、外見を変えることから始まり、ヴァイオリニストとしての独創的な演奏に至るまで、多岐に渡っていたのです。

そして渡亮太が好きだというのも嘘で、宮園かをりはずっと、最初から有馬公生のことを想っていたのでした。

スポンサーリンク

感想

このように、映画『四月は君の嘘』は、恋愛面も音楽面も魅力的な作品になっていました。

音楽にくわしくない方であっても、楽しむことができるでしょう。

恋愛面においては、最後の宮園かをりの手紙が、音楽面においては、有馬公生と宮園かをりの共演シーンが、それぞれ圧巻。

広瀬すずさんと山﨑賢人さんのコンビネーションも絶妙で、ストーリーの美しさに花を添えていますので、鑑賞してみることをおすすめしたいと思います。

ぜひ、独特の透明感あふれる世界観を堪能してみてください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました